top of page

痛み治療の主役を担う神経ブロック治療とは?

神経ブロック治療と言われても、どのようなもので、何の目的でやるのか

分かりずらいのではないでしょうか。

ここでは、神経ブロック治療について少し具体的にお話しします。



神経ブロック注射とは


手が痛い、足が痛いなど、痛みって何なんでしょう。

痛みは、“痛み信号”として神経を通り道にして脳に伝わり、私たちは痛いと感じています。

神経ブロック注射は、その“痛み信号”の通り道を遮断(ブロック)することで、痛みを和らげるというものです。

具体的には神経に麻酔薬を浸透させ一時的に働きを鈍くします。

それにより、ブロックした神経が関わる皮膚の表面から深いところまでの痛みを緩和したり、血流を改善したりします。(効果には個人差があります)

ブロックする神経の種類や部位によって様々な名前がついています。



当院の神経ブロック注射


当院では、帯状疱疹による強い痛み、帯状疱疹後神経痛の予防、頚椎疾患などからくる頚部〜肩・上肢の痛み・しびれ、腰椎疾患からくる下肢の痛み・しびれなどに対し神経ブロック治療を提案させていただいております(保険診療)。

頚部神経根ブロック、硬膜外ブロック、星状神経節ブロック、肩甲背神経ブロックをはじめ、各種神経ブロック治療を提供しております(施行できないものもあります)。

当院のブロック治療では、超音波装置を用いることにより、治療効果はもちろん、安全性の確保にも努めています。



神経ブロック注射を検討されている方へ


神経ブロック治療では注射を用いて麻酔薬を投与しますので、治療時は多少の痛みはあります。

また治療による合併症も各種神経ブロック治療ごとに異なりますので、医師から説明させていただきます。

神経ブロック後は数分〜数十分の安静時間を要することもあるため、神経ブロックご希望の患者様は、時間に余裕を持ってご来院ください。



神経ブロック注射についてお気軽にご相談ください


数種類の痛み止めや、湿布を常用されている方には特にお勧めです。

皮膚疾患以外にも、痛みでお悩みの方は、診察時に一声おかけください。

他院治療中で帯状疱疹後の痛みでお悩みの方もご相談ください。

閲覧数:192回

最新記事

すべて表示

帯状疱疹ワクチンが18歳以上で接種可能になりました

帯状疱疹ワクチン(シングリックス®️)ですが、以前は50歳以上の方のみ接種可能でしたが、帯状疱疹発症リスクの高い18歳以上の方でも接種が可能になりました。 基礎疾患や免疫抑制剤などで治療中の18歳以上の方に有効だと考えられます。 接種希望の方は、診察時に医師もしくは看護師に相談いただくか、お電話にてお問い合わせください。

紫外線対策(日焼け止め)を、お考えの方へ

お日様が気持ちのいい季節になってきましたね。 ただ、紫外線は光老化(シミ、しわ、くすみ)の原因であり、お肌にとっては大敵です。 スキンクリニックKでは医療機関専売のUVクリームやUVローションを取り扱っております。 紫外線はもちろん、近赤外線やブルーライトにも対応しております。 さらに強い抗酸化作用を持つフラーレンを配合しているため、高いアンチエイジング効果が期待できます。 今までとは違う紫外線対

思春期からのニキビ治療

ニキビは10歳前後から出現してくる日常的な肌トラブルの一つです。 ニキビについてよく知り、治療および予防習慣を持つことでニキビの発生を最小限に抑えることが可能になります。 ニキビは毛穴のつまりをきっかけに、菌が繁殖し炎症を起こします。 生活習慣の改善(洗顔を含む)とニキビ治療によって、ニキビの少ないお肌を取り戻しましょう。 当院では尋常性ざ瘡治療ガイドラインに沿った、エビデンスの高い治療(保険診療

Comentarios


bottom of page