痛み治療の主役を担う神経ブロック治療とは?

神経ブロック治療と言われても、どのようなもので、何の目的でやるのか

分かりずらいのではないでしょうか。

ここでは、神経ブロック治療について少し具体的にお話しします。



神経ブロック注射とは


手が痛い、足が痛いなど、痛みって何なんでしょう。

痛みは、“痛み信号”として神経を通り道にして脳に伝わり、私たちは痛いと感じています。

神経ブロック注射は、その“痛み信号”の通り道を遮断(ブロック)することで、痛みを和らげるというものです。

具体的には神経に麻酔薬を浸透させ一時的に働きを鈍くします。

それにより、ブロックした神経が関わる皮膚の表面から深いところまでの痛みを緩和したり、血流を改善したりします。(効果には個人差があります)

ブロックする神経の種類や部位によって様々な名前がついています。



当院の神経ブロック注射


当院では、帯状疱疹による強い痛み、帯状疱疹後神経痛の予防、頚椎疾患などからくる頚部〜肩・上肢の痛み・しびれ、腰椎疾患からくる下肢の痛み・しびれなどに対し神経ブロック治療を提案させていただいております(保険診療)。

頚部神経根ブロック、硬膜外ブロック、星状神経節ブロック、肩甲背神経ブロックをはじめ、各種神経ブロック治療を提供しております(施行できないものもあります)。

当院のブロック治療では、超音波装置を用いることにより、治療効果はもちろん、安全性の確保にも努めています。



神経ブロック注射を検討されている方へ


神経ブロック治療では注射を用いて麻酔薬を投与しますので、治療時は多少の痛みはあります。

また治療による合併症も各種神経ブロック治療ごとに異なりますので、医師から説明させていただきます。

神経ブロック後は数分〜数十分の安静時間を要することもあるため、神経ブロックご希望の患者様は、時間に余裕を持ってご来院ください。



神経ブロック注射についてお気軽にご相談ください


数種類の痛み止めや、湿布を常用されている方には特にお勧めです。

皮膚疾患以外にも、痛みでお悩みの方は、診察時に一声おかけください。

他院治療中で帯状疱疹後の痛みでお悩みの方もご相談ください。

最新記事

すべて表示

アトピー性皮膚炎による症状がひどくて、学校や職場に行くのが辛かったり、さらには人と会うことさえも嫌だなと思っていませんか? 私もそのような気持ちになった時期がありました。 アトピー性皮膚炎は幼少期から始まり、良くなったり、悪くなったりを繰り返します。 本人はもちろんの事、ご家族にとっても悩みの種です。 お肌の状態が優れないと、顔は自然と下を向いてしまいますよね。 アトピー性皮膚炎の情報と混乱 アト

最近、テレビで帯状疱疹ワクチンが取り上げられており、かなり周知され始めているようです。 帯状疱疹に対するワクチンには、ビケン(生ワクチン)とシングリックス(サブユニットワクチン)の2種類があります。 ワクチンを接種したいけど、どちらを打ったら良いのか迷っていませんか? いくつかポイントを絞って簡潔にお話します。 帯状疱疹に対するワクチンの接種回数と価格 ビケンは1回接種、シングリックスは2回接種(

神経ブロック治療 神経ブロック治療は痛み治療の中でもとても重要な役割を果たしています。 私は、これまで手術麻酔およびペインクリニック外来での診療を通じてその有用性を実感してきました。 慢性的な痛みは皆さんの生活に負の連鎖を生じてしまい、生活の質を下げる原因となります。 特に帯状疱疹では早期からの治療戦略が、後の帯状疱疹後神経痛予防の鍵となります。 我慢して悩まないで、まずはご相談ください。 痛みか