帯状疱疹に対するワクチン接種を検討中の方へ

最近、テレビで帯状疱疹ワクチンが取り上げられており、かなり周知され始めているようです。

帯状疱疹に対するワクチンには、ビケン(生ワクチン)とシングリックス(サブユニットワクチン)の2種類があります。

ワクチンを接種したいけど、どちらを打ったら良いのか迷っていませんか?

いくつかポイントを絞って簡潔にお話します。



帯状疱疹に対するワクチンの接種回数と価格


ビケンは1回接種、シングリックスは2回接種(2~6ヶ月間隔)が必要です。

価格は、ビケンよりシングリックスのほうが高額になっています。

どちらも保険外診療となります。


帯状疱疹に対するワクチンの効果


結論から言いますと、シングリックスのほうが、帯状疱疹発症予防(ビケンで約50%、シングリックスで90%以上の予防効果)や、帯状疱疹後神経痛予防に関して高い効果が期待でき、さらに長期間で効果が保たれます。

シングリックスの有効期間は少なくとも10年はあると言われています

以上のことは予防医学的には、かなり重要なポイントです。


帯状疱疹に対するワクチンを投与するうえでの注意事項


ビケンにおいては、免疫抑制状態の患者様には投与できません。

免疫抑制状態の患者様と言うのは、抗がん剤治療や、免疫抑制剤での治療されている方のことを言います。

シングリックスにおいては、上記の患者様への投与も可能です。


帯状疱疹は免疫低下をきっかけに発症する病気なので、そのような方にこそワクチン接種が必要と考えます。


私は、これまで帯状疱疹や帯状疱疹後神経痛で悩んでいる患者様を多く診療してきましたので、予防効果を第1優先に考え、スキンクリニックKではシングリックスのみ対応させていただいています。

価格は1回につき22,000円(税込)ですので、2回接種で合計44.000円(税込)となります。

接種毎でのお支払いとなっております。


せっかく予防接種を打つからには、予防効果が高く、効果持続期間が長い方を選択することをお勧めします。

その他の詳細につきましては、医師にご相談ください。

ご検討よろしくお願い致します。

最新記事

すべて表示

神経ブロック治療と言われても、どのようなもので、何の目的でやるのか 分かりずらいのではないでしょうか。 ここでは、神経ブロック治療について少し具体的にお話しします。 神経ブロック注射とは 手が痛い、足が痛いなど、痛みって何なんでしょう。 痛みは、“痛み信号”として神経を通り道にして脳に伝わり、私たちは痛いと感じています。 神経ブロック注射は、その“痛み信号”の通り道を遮断(ブロック)することで、痛

アトピー性皮膚炎による症状がひどくて、学校や職場に行くのが辛かったり、さらには人と会うことさえも嫌だなと思っていませんか? 私もそのような気持ちになった時期がありました。 アトピー性皮膚炎は幼少期から始まり、良くなったり、悪くなったりを繰り返します。 本人はもちろんの事、ご家族にとっても悩みの種です。 お肌の状態が優れないと、顔は自然と下を向いてしまいますよね。 アトピー性皮膚炎の情報と混乱 アト

神経ブロック治療 神経ブロック治療は痛み治療の中でもとても重要な役割を果たしています。 私は、これまで手術麻酔およびペインクリニック外来での診療を通じてその有用性を実感してきました。 慢性的な痛みは皆さんの生活に負の連鎖を生じてしまい、生活の質を下げる原因となります。 特に帯状疱疹では早期からの治療戦略が、後の帯状疱疹後神経痛予防の鍵となります。 我慢して悩まないで、まずはご相談ください。 痛みか