top of page

帯状疱疹に対するワクチン接種を検討中の方へ

最近、テレビで帯状疱疹ワクチンが取り上げられており、かなり周知され始めているようです。

帯状疱疹に対するワクチンには、ビケン(生ワクチン)とシングリックス(サブユニットワクチン)の2種類があります。

ワクチンを接種したいけど、どちらを打ったら良いのか迷っていませんか?

いくつかポイントを絞って簡潔にお話します。



帯状疱疹に対するワクチンの接種回数と価格


ビケンは1回接種、シングリックスは2回接種(2~6ヶ月間隔)が必要です。

価格は、ビケンよりシングリックスのほうが高額になっています。

どちらも保険外診療となります。


帯状疱疹に対するワクチンの効果


結論から言いますと、シングリックスのほうが、帯状疱疹発症予防(ビケンで約50%、シングリックスで90%以上の予防効果)や、帯状疱疹後神経痛予防に関して高い効果が期待でき、さらに長期間で効果が保たれます。

シングリックスの有効期間は少なくとも10年はあると言われています

以上のことは予防医学的には、かなり重要なポイントです。


帯状疱疹に対するワクチンを投与するうえでの注意事項


ビケンにおいては、免疫抑制状態の患者様には投与できません。

免疫抑制状態の患者様と言うのは、抗がん剤治療や、免疫抑制剤での治療されている方のことを言います。

シングリックスにおいては、上記の患者様への投与も可能です。


帯状疱疹は免疫低下をきっかけに発症する病気なので、そのような方にこそワクチン接種が必要と考えます。


私は、これまで帯状疱疹や帯状疱疹後神経痛で悩んでいる患者様を多く診療してきましたので、予防効果を第1優先に考え、スキンクリニックKではシングリックスのみ対応させていただいています。

価格は1回につき22,000円(税込)ですので、2回接種で合計44.000円(税込)となります。

接種毎でのお支払いとなっております。


せっかく予防接種を打つからには、予防効果が高く、効果持続期間が長い方を選択することをお勧めします。

その他の詳細につきましては、医師にご相談ください。

ご検討よろしくお願い致します。

閲覧数:309回

最新記事

すべて表示

帯状疱疹ワクチンが18歳以上で接種可能になりました

帯状疱疹ワクチン(シングリックス®️)ですが、以前は50歳以上の方のみ接種可能でしたが、帯状疱疹発症リスクの高い18歳以上の方でも接種が可能になりました。 基礎疾患や免疫抑制剤などで治療中の18歳以上の方に有効だと考えられます。 接種希望の方は、診察時に医師もしくは看護師に相談いただくか、お電話にてお問い合わせください。

紫外線対策(日焼け止め)を、お考えの方へ

お日様が気持ちのいい季節になってきましたね。 ただ、紫外線は光老化(シミ、しわ、くすみ)の原因であり、お肌にとっては大敵です。 スキンクリニックKでは医療機関専売のUVクリームやUVローションを取り扱っております。 紫外線はもちろん、近赤外線やブルーライトにも対応しております。 さらに強い抗酸化作用を持つフラーレンを配合しているため、高いアンチエイジング効果が期待できます。 今までとは違う紫外線対

思春期からのニキビ治療

ニキビは10歳前後から出現してくる日常的な肌トラブルの一つです。 ニキビについてよく知り、治療および予防習慣を持つことでニキビの発生を最小限に抑えることが可能になります。 ニキビは毛穴のつまりをきっかけに、菌が繁殖し炎症を起こします。 生活習慣の改善(洗顔を含む)とニキビ治療によって、ニキビの少ないお肌を取り戻しましょう。 当院では尋常性ざ瘡治療ガイドラインに沿った、エビデンスの高い治療(保険診療

Comments


bottom of page