top of page

巻き爪や陥入爪でお悩みの方へ

陥入爪?巻き爪? この2つ何が違うのでしょう。

簡単に言うと、爪が巻いている状態を巻き爪、爪が皮膚に刺さって痛くなっている状態を陥入爪と呼びます。

爪が巻いていて、皮膚に刺さり痛くなっていれば両者が合併しているということになります。

巻き爪は生活に支障がなければ、放っておく方も多いと思います。

しかし陥入爪では、強い痛み、出血や膿を伴うこともあります。

それにより歩行に支障を来したり、趣味のスポーツなどが楽しめなくなる方もいらっしゃいます。


どこの医療機関を受診すれば良いか迷う方も多いようです。

爪は皮膚ですので、基本的には皮膚科を受診するのが良いと思われます。


しかしながら巻き爪治療は医療機関のみならず、ネイルサロンや爪治療院と呼ばれる所でもしているようです。

爪治療する上で大切なのは、その爪は正常なのか、爪の周りの皮膚は正常なのか、それをきちんと把握しながら治療することです。 爪および爪の周囲の皮膚状態の診療と治療は、病院でしかできませんのでご注意ください。


巻き爪、陥入爪の治療は、治療目的によって大きく3つに分けられます。

【保存的治療】 内服薬や外用薬で炎症を抑える

【手術療法】  痛みや炎症の原因となっている爪を取り除く

【矯正治療】  本来の爪の形状に戻していく(保険外診療)


矯正治療のみが保険外診療になります。

当院では巻き爪マイスター(爪矯正効果が高く、使用に制限が少ない)を採用しております。

在庫があれば受診当日に施術可能です。


日帰りでの手術療法も積極的にしております。

診察時に予約をお取りし、後日手術となります。日程に関しては医師とご相談ください。


具体的な治療の詳細については、ホームページの巻き爪・陥入爪の項目をクリックしてご覧ください。


巻き爪・陥入爪の治療に関しては、爪の状態や形状、皮膚状態、そして患者様のライフスタイルに沿った適切な治療法を検討する必要があります。

私は、これまで多くの巻き爪、陥入爪の患者さんを診療し、治療してきました。


ご相談ください。

治療について一緒に考えましょう。

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

アトピー性皮膚炎に対する治療は時代と共に変化してきています。 その中でも、最先端治療薬として生物学的製剤というものがあります。 生物学的製剤とはバイオテクノロジー技術によって生み出された医薬品で、今までの治療薬と比較しても高い効果が期待できます。 中等度〜重症のアトピー性皮膚炎の方に適応があります。。 以下のような、注射薬と内服薬があります。()内は投与可能な年齢です。 注射薬; デュピクセント(

神経ブロック治療と言われても、どのようなもので、何の目的でやるのか 分かりずらいのではないでしょうか。 ここでは、神経ブロック治療について少し具体的にお話しします。 神経ブロック注射とは 手が痛い、足が痛いなど、痛みって何なんでしょう。 痛みは、“痛み信号”として神経を通り道にして脳に伝わり、私たちは痛いと感じています。 神経ブロック注射は、その“痛み信号”の通り道を遮断(ブロック)することで、痛

アトピー性皮膚炎による症状がひどくて、学校や職場に行くのが辛かったり、さらには人と会うことさえも嫌だなと思っていませんか? 私もそのような気持ちになった時期がありました。 アトピー性皮膚炎は幼少期から始まり、良くなったり、悪くなったりを繰り返します。 本人はもちろんの事、ご家族にとっても悩みの種です。 お肌の状態が優れないと、顔は自然と下を向いてしまいますよね。 アトピー性皮膚炎の情報と混乱 アト

bottom of page