アトピー性皮膚炎でお悩みの方々へ

アトピー性皮膚炎による症状がひどくて、学校や職場に行くのが辛かったり、さらには人と会うことさえも嫌だなと思っていませんか?


私もそのような気持ちになった時期がありました。

アトピー性皮膚炎は幼少期から始まり、良くなったり、悪くなったりを繰り返します。

本人はもちろんの事、ご家族にとっても悩みの種です。

お肌の状態が優れないと、顔は自然と下を向いてしまいますよね。



アトピー性皮膚炎の情報と混乱


アトピーの治療、どうしたら良いのか悩んでいたり、治らないものだと諦めたりしていませんか?

アトピー性皮膚炎に関する情報は、メディアやインターネットでも多く取り上げられており、民間療法をはじめとして、薬(特にステロイド)は悪だと揶揄するような科学的根拠に乏しいものも多く見られます。

その様な情報が、よりいっそう皆さんの混乱を招いているようです。



当院のアトピー性皮膚炎治療


スキンクリニックKでは、日本皮膚科学会によるアトピー性皮膚炎診療ガイドラインに沿った診療を心掛け、エビデンスに基づいた治療を提案しております。(保険診療)

アトピー性皮膚炎の治療はここ数年で目まぐるしく変化してきており、様々な治療選択肢が増えてきています。

今までとは違う、あなたに合った治療が見つかるかもしれません。



アトピー性皮膚炎でお悩みの方へ


1人で悩まないで、ご家族や大切な人と受診してみてください。

病気と治療について理解を深め、お肌との付き合い方、もう一度見直してみませんか。

最新記事

すべて表示

神経ブロック治療と言われても、どのようなもので、何の目的でやるのか 分かりずらいのではないでしょうか。 ここでは、神経ブロック治療について少し具体的にお話しします。 神経ブロック注射とは 手が痛い、足が痛いなど、痛みって何なんでしょう。 痛みは、“痛み信号”として神経を通り道にして脳に伝わり、私たちは痛いと感じています。 神経ブロック注射は、その“痛み信号”の通り道を遮断(ブロック)することで、痛

最近、テレビで帯状疱疹ワクチンが取り上げられており、かなり周知され始めているようです。 帯状疱疹に対するワクチンには、ビケン(生ワクチン)とシングリックス(サブユニットワクチン)の2種類があります。 ワクチンを接種したいけど、どちらを打ったら良いのか迷っていませんか? いくつかポイントを絞って簡潔にお話します。 帯状疱疹に対するワクチンの接種回数と価格 ビケンは1回接種、シングリックスは2回接種(

神経ブロック治療 神経ブロック治療は痛み治療の中でもとても重要な役割を果たしています。 私は、これまで手術麻酔およびペインクリニック外来での診療を通じてその有用性を実感してきました。 慢性的な痛みは皆さんの生活に負の連鎖を生じてしまい、生活の質を下げる原因となります。 特に帯状疱疹では早期からの治療戦略が、後の帯状疱疹後神経痛予防の鍵となります。 我慢して悩まないで、まずはご相談ください。 痛みか